東京で目頭切開を受けて、顔の印象が一変しました

一重まぶたで目つきが悪く見られ美容整形を考える

一重まぶたで目つきが悪く見られ美容整形を考えるまぶたの脂肪のため埋没法は断念目頭切開を受けて優しい印象の目元に

一重のまぶたで子供の頃から、目つきが悪いとみられることがよくありました。
特に機嫌を悪くしているわけでもなく、気分を害しているということもないのに目つき一つで悪い印象を持たれるのは子供心にも辛いものがあります。
学生時代からアイプチなんかを活用して何とか二重に見えるように色々と工夫を凝らしたものです。
朝早くからおきて鏡の前でまぶたのケアに時間を費やしたことを覚えています。
使いすぎで目の周りが赤く貼れたり、かゆみを覚えてゴシゴシ擦って目が、真っ赤に腫れ上がったこともあるほどです。
社会人になってしばらくして、ある程度余裕も出てきたので、何か対策はないものかとインターネットで色々検索して自分なりに調べてみました。
口コミなんかでよく出てきたのが、まぶたを切らないで二重にする「埋没法」ト言う手術です。
まぶたの表面にメスで切開を加えないというのが魅力的で、「これなら自分でも挑戦できるかも」と考えるようになったわけです。
そこである日のこと、思い切って美容整形の可能性を探ってみるために東京のクリニックに無料のカウンセリングの予約をとってみることにしました。
意気揚々と当日はクリニックに足を運んで、予約の時間が到来していよいよカウンセリングの開始となったわけです。